ダウンジャケットの特色や素材から最適なアウターを選ぶコツ


ダウンジャケットの特色は?

ダウンジャケットはボリュームがあるため、暖かいところが最大の魅力です。寒い冬に欠かせないメンズファッションアイテムのひとつと言えます。他のアウターと比べても保温性が抜群に優れています。ウールコートやレザージャケットに比べて軽く、長時間の着用でも疲れにくいという利点があります。ダウンジャケットは着ぶくれしやすいという難点もあるため、インナーは薄手のインナーを着るのがよいでしょう。

素材でダウンジャケットを選ぶ

ダウンジャケットとひとくちにいっても、素材は色々あります。主によく使用されている中綿の素材は、天然素材のダウンやフェザー、化学繊維などがあり、それぞれ特色も機能性も違います。ダウンの素材は、軽くて空気がたまりやすいという特徴があり、保温性が一番高い素材です。価格帯もダウンの素材が割高になる傾向があります。そして、フェザーの素材は、弾力性と通気性が高く、着心地が良いというのが特徴的です。ダウンよりもフェザーの方が保温性は下がります。ダウンジャケットは、ダウンの素材のみの物や、ダウンとフェザーの2種類の素材が混ざっている物もあります。ダウンとフェザーの2種類の素材が使われているジャケットは、ダウンの割合が多いほど暖かさが増します。

化学繊維の素材は、ポリエステルなどの化学繊維で人工的に作られた綿です。暖かさはダウンやフェザーよりも下がりますが、近年では保温性の高い化学繊維の開発もされています。天然素材よりも化学繊維の素材は安く買えますし、洗濯がしやすいという利点があります。

agaを横浜で治療する際に重要となるのが、クリニックや医師との相性です。治療法や料金など、自分に合った医療機関を探したい時は、事前カウンセリングの活用が有効です。

You Might Also Like